2019年5月14日火曜日

vol.400 ベトナム料理

6月16日(日)2019、10:30~3:00pm


暖かくなってくると食べたくなるベトナム料理。
昨年も開催しましたが、参加出来なかった方からのリクエストで開催します。
ces定番のお家でも作れる内容のものを作ります。
ベトナムらしくハーブをたくさん食べます。

余談ですが、
ベトナム人の友人の親戚のファインティエットのお家に行った時、
ごはんにハーブをたくさんのせて、
田麩みたいな、ふりかけみたいなものと一緒に食べていました。
こんなにハーブを食べるのねーと、驚いたものです。

この日は、
えびのペーストを焼いたもの
春巻きの皮に
ブン(麺)とたくさんのハーブなどをのせ、一緒に巻いて食べたりします。
バナナとえびの揚げ春巻き
そのままでも、葉っぱで巻いて食べてもいいですね。
サラダは、下記、2種作ります。
なすと紫玉ねぎのサラダ、
イカとマンゴのサラダ

そして、おいしいピーナッツおこわ
これは、お持ち帰り用も作ります。

また、ダラットで食べた、最近流行のストリートフード、
ベトナムの春巻き皮のクレープ(ベトナムの発酵ソーセージ入り)も
作ってみます。

春巻きの皮のいろいろな使い方
(揚げる、そのまま、戻して使う、そのまま焼く)が試せますね。

もし、食材でロットの葉が手に入れば、もう1品増えるかもしれません。
(写真がその1品)

デザートは、ベトナムで食べたおいしいものを作っておきます。

日時 :6月16日(日)2019
    10:30~3:00pm

参加費 :5000円
    (333は、cash on delivery)
   
持ち物 エプロン、手ふき用タオル、室内ばき、筆記用具
    お持ち帰り用タッパー、3つ、保冷バッグ
   
キャンセルの場合は、2日前より、半額お支払いください。

2019年4月29日月曜日

旅で憶えたトルコの粉もの料理など


6月9日(日)2019、10:30~3:00pm




昨年、ブルガリア、トルコに行きました。
ブルガリアの第2の町、プロバディフは、トルコに近いですし、
歴史的にもオスマントルコが統治した時代もあるので、
お料理がかなり、トルコ料理と近かったです。
トルコ料理にヨーグルトを使うのは、
反対にブルガリアの影響なのかしら?

そんな旅で食べたお料理を
ces風に、お家で作り易くしたレシピをご紹介します。

トルコは長い間、レシピを書いてまとめるという習慣はなく、
家族や地域に伝わるものを代々作ってきたと、
どこかで読んだ事があります。
世界3大料理ですし、
近年はもちろん、レシピとしてまとめられているとは思いますが、
同じ料理でも地域地域、家々で、いろいろな作り方だと聞きました。

そんな中、今回は、
私自身がぜひ、前々から、作りたかった、manti
(写真上)
なんだか、中華料理マントゥのような名前ですが、
イスタンブールのレストランのmenuにもこの名でありました。
言わば、とっても小さい水餃子でしょうか?
(焼いてから茹でる作り方もありますが)
具材は普通羊肉が多いようですが、今回は、牛肉で。
また、ベジも作りますが、具材はお豆です。
でも、ほんと小さいので、具を食べるというより、皮を食べるという感じです。
cesでは、焼き餃子、水餃子、ピエロギなど餃子系は得意料理ですが、
また、1つ加わりました!

また、ギョズルメ(写真下)、
これは、薄くのばした生地に
ほうれん草、チーズ、または、野菜などを挟んで焼くスナック的お料理です。
現地ではすごーく大きな鉄板で焼きますから、サイズも大きいですが、
フライパンで焼けるサイズに作ります。

その他、フムスなどのペースト各種や、サラダなどもありますよ。

デザートは、歯が溶けそうなトルコのデザートは作らず、
cesナイズしたものをご用意しますね。

びっくりするお茶もお出しします。
お楽しみに!

日時 :6月9日(日)2019
    10:30~3:00pm

参加費 :5000円
     
  
持ち物 エプロン、手ふき用タオル、室内ばき、筆記用具
    お持ち帰り用バッグ、タッパー3つ
   
キャンセルの場合は、2日前より、半額お支払いください。

2019年3月22日金曜日

vol.398  cesのカシューナッツ入り、ベジカレーパン、メイプルあんこ揚げパン

5月15日(水)2019、1:30~4:30pm
または、
5月19日(日)2019、1:30~4:30pm


久しぶりにカレーパンを作りたくなったら、
リクエストしてくださったので、開催します。

cesのカレーパンは、
ベジカレーパンで、カシューナッツや高きび、卵が入ります。
おいしいですよー!
また、油が気になる方も、オリーブオイルで揚げるので、
次の日に、クシャっと、油っぱくなりません。
パン生地がしっかりしています。

ついでに、揚げあんぱんも作りますが、
こちらもメイプルあんこの揚げパンですので、
パン屋さんのとは、ちょっと味が違います。

どちらも具材は冷めていた方がいいので、
その日使う分は、私が先に作っておきますが、
作り方が判る様に、再度一緒に作ってみますので、
それは、お持ち帰りになります。

かわいくラッピングすれば、カレーパンも揚げあんぱんも
プレゼントになりますよ。

また、ガーキンの季節なので、ガーキンピクルスと、
もう1種、ピクルス(旬のもので)も作るつもりです。
こちらはビンに入れてお持ち帰りください。


日時 :5月15日(水)2019
または、
5月19日(日)2019
   1:30~4:30pm

参加費 :4500円
     (ビン、zip、ラッピング材料込み)
    

持ち物 エプロン、手ふき用タオル、室内ばき、筆記用具
    お持ち帰り用バッグ
   
キャンセルの場合は、2日前より、半額お支払いください。

vol.397  シチリアで憶えた料理, vol 1

4月14日(日)2019、10:30~3:00pm



南イタリアを1周してきました。
シチリア島のパレルモでは、家庭料理を習ってきました。
先生のフランチェスカさんからは、
日本でもシチリアのお料理の魅力を広めてね、と言われました。
習った時は、レシピなどなく、目分量だったので、
憶えたものを、再度、日本の食材で作り、レシピを書きましたので、
それを作りましょう!

オードブルは、レストランで食べたものを参考に、2−3種。
魚貝のタルタルは作るつもりですが、
食材の関係で後は、何になるか、今は判りません。
お楽しみに!

オレンジを使ったサラダ(日本もオレンジの季節なので)
そして合わせるものが、フェンネルが入手出来ればそれを。
出来ない場合は、別のものを合わせます。
今、国内産のブラッドオレンジの季節なので、
入手出来れば、それで、作ります。
昨年、愛媛あたりを旅して、おいしかったので、
この季節を待ちわびていました。
とっても、おいしいオレンジですよ。

カリフラワーのソースのパスタ
写真を見てください。
上にかけてる物は、チーズではありません。
さて、何かは当日に判ります!
カリフラワーは、ロマネスコなどのグリーンのものを使います。
白いのとは、味が違いますね。

そして、組み合わせを考えて、もう1品パスタを。

いわしロールのオーブン焼き(sarde a beccaficu)
(いつも、cesのいわしのパスタソース作りでは、
いわしの入手で右往左往しています。
なので、これが、別の魚貝のお料理に変わる場合もありますのを
ご承知頂けるとありがたいです)

そしてデザート。
たぶん、カッサータ

お食事の時は、飲める方は、シチリアワインで1杯。
飲めない方には、レモネード。
こちらは、ブルガリアで飲んだおいしいレモネードを作ります。

イタリアで仕入れた食材も少々お土産に。

日時 :4月14日(日)2019
    10:30~3:00pm

参加費 :5500円
    (ワインは、cash on delivery)

持ち物 エプロン、手ふき用タオル、室内ばき、筆記用具
    持ち帰り用タッパー、3個

キャンセルの場合は、2日前より、半額お支払いください。

2019年3月5日火曜日

しばた くみこさんのパンのお教室

cooking waiting studioに長く参加してくださっている
しばた くみこさんが、パンのお教室を始められました。
場所は小田急線の南林間です。

国産小麦のおうちぱん教室、名前は、
BREAD FOR MY PRECIOUS
訳して『ぶれまい』だそうです。

”本当に美味しく安心して食べられるパン”を
教えてくださるそうです。
詳しくは、下記、ホームページをご覧下さい。
https://bread4mp.wixsite.com/home

1人に1つのオーブンという贅沢なお教室で、
お教室の様子も見れますよ。

また、上記の写真は、近々のお教室の、
3月のレッスン、人参リュスティックです。
おいしそう!

ぜひ、ご参加ください。

2019年1月17日木曜日

vol.396 おはぎ作り+久しぶりのcrumpets作りも!

3月2日(土)2019、1:30~5:00



おはぎ作り、リクエスト頂きましたので、開催します。
秋はおはぎ(つぶあん)、春はぼたもち(こしあん)といいますね。
今回は春ですが、つぶあんのおはぎです。

おはぎ作りは、小豆を煮るのも、
ご一緒にやってみますから、
時間かかります。
その間、もう1つのリクエストであるcrumpetsも作ります。
ちょっと、組み合わせは変ですが、一緒に食べる訳ではないので、いいですね。

その日煮たあんこは、お持ち帰り用にし(冷凍も可)、
予め煮ておいたあんこで、おはぎを作ります。
おはぎは、出来たてを、おさんじに食べてみましょう。

以前のお教室では、ベースのもち米などに
おいも入れたり、いろいろ試しましたが、
あんまり、たくさん出来ても1度に食べれないので、
今回は、ベースはシンプルに作り、
周りを、あんこ、きなこ、黒ごま、青のり、じゅうね(えごま)と
いろいろ用意し、食べ比べてみましょう。



crumpetsも、久しぶりに作ります。
これは、あんまり、パン屋さんに売ってませんね。
でも、生地の感じが好きです。
サワークリーム+メイプルシロップなど甘い味で食べても、
クリームチーズなどと、ハーブのペーストなどで食べても
おいしいです。
また、エッグベネディクトも、あいますね。
マフィンとも、ちょっと違う感じの生地です。

お家にお持ち帰り後、お楽しみください。

日時 :3月2日(土)2019
1:30~5:00pm

参加費 :4500円(パッケージ含む)

持ち物 エプロン、手ふき用タオル、室内ばき、筆記用具
    お持ち帰り用、大きな袋




2018年11月5日月曜日

vol.395 味噌作り 2019

1月20日(日)
または、26日(土)2019
追加開催、3月3日(日)
1:30~4:00



(上の写真は味噌玉)

2019年、新年も恒例の味噌作りです。

例年のように、
cesでは、いろいろな味噌をお好みで選んで頂き、作ります。
普通のシンプルな配合の味噌。
また、倍麹の少し甘めの味噌。
また、早く出来上がる白味噌。

そして、cesならではの、ブレンド麹
(白米、玄米、麦麹のブレンドや、麹やさんのブレンド)
など、お好みでお選びください。

基本、1、8Lかめに入る量で金額は書いてありますが、
たくさん作る方は、別料金でお作り頂けます。

昆布(味噌に差し込む)や、酒粕(上面に貼る)も
使用するか、しないか、お選び頂けます。

かめをお持ち下さるのでも、また、味噌玉をお持ち帰り頂き、
お家で仕込んで頂くのでも、大丈夫です。(かめが重いので)
初めて参加の方はこの容器の用意を予めして頂きたいです。
詳しい説明はメールでさせて頂きます。

せっかく、自分で作るので、食材は有機のいいものを使い、
仕込むかめも、陶器をおすすめしています。
(プラスチックは塩分強い、お味噌では、環境ホルモン心配です)

終わったら、おさんじにしますね。

また、お持ち帰りの味噌をつかった物も、ご用意します。

日時 :1月20日(日)
    または、26日(土)2019
追加開催、3月3日(日)
    1:30~4:00

参加費 :基本のシンプルな味噌(おさんじ、お土産付き)
     5500円
     
     昆布+酒粕=+200円

     白みそ +200円
     ブレンド +200円
     倍麹 +300円

     お申し込み時に、上記より選んでください。

     量が多い方は、料金、メールでお知らせします。
    
持ち物 エプロン、手ふき用タオル、筆記用具
室内ばき(足下寒いので、温かい靴下など)
    ジャム等の空き瓶(ラベルは取ってきてください。これで大豆を潰します)
    お持ち帰り用のしっかりした袋
    かめ(任意)

お申し込みは、mana-ger@za2.so-net.ne.jp
お申し込み後のキャンセルの場合は、2日前より、半額お支払いください。

シンプルな味噌作り、初級編なら、下記でも開催します。